体験入店での2つの注意点

1000人に読まれています

風俗店の体験入店

女の子が風俗店を決める判断基準の1つに「体験入店」があります。

そして体験入店は字の如く、その風俗店の内容が自分自身に合っているかどうかをチェックするとろこを意味します。

ちなみに、体験入店は風俗店すべてで行われているわけではありません。

例えば体験入店はなく、「講習DVDを見るだけ/スタッフによる口頭説明のみ」の風俗店もあります。

また体験入店とは少し異なりますが、「お店のスタッフと講習」の風俗店もあります。

では風俗店の体験入店をする場合、女の子はどのようなことをチェックする必要があるのでしょうか。

この項では、体験入店の注意点について触れてみたいと思います。

判断は自分自身

通常、体験入店は風俗店の面接を受けた後に行われます

その時、仕事の内容を聞くわけですが、それによって体験入店をするかどうか判断します。

そして体験入店を希望した場合、風俗店のスタッフから「とりあえず1人だけ接客してみる/3時間だけ働いてみる」といったことを聞かれます

もちろん体験入店であろうと、働いた時間は給料として支払われます。

体験入店が終わった時、スタッフから「今後、この風俗店で続けることができるかどうか」を確認されます。

自分でもできると判断すれば、その場でOKしてもいいです。

自分には無理だなぁと思ったら、その場で断ってもいいです。

すぐに返事が出せないなら、後日返事ををしますと言えばいいです。
(メール・電話のどちらでも問題ありません。)

性的サービスの確認

そして体験入店の注意点ですが、男性に対してどのような性的サービスをしなければいけないか確認してください。

例えばローションプレイと素股プレイ・フェラチオ~そうした性的サービスは基本プレに含まれます。
(上記でも言いましたが、講習DVDなどを使って確認します。)

また基本プレイ以外のプレイには、どのようなサービスがあるのかも確認してください(アナルプレイなど)。

どちらにしても気持ち良く仕事をするには、自分自身が風俗店に対して納得することが大事です。

そのためには、気になったことは何でも質問することだと思います。

LINEで無料相談

みんなが良く読んでいる記事



LINEで無料相談

ページトップへ