風俗求人のフートークTOP > 女性のためのお役立ちコラム > お役立ちコンテンツ > 大学生のうちに絶対返す!奨学金の返済方法

大学生のうちに絶対返す!奨学金の返済方法

5194人に読まれています

現在、奨学金の返済が大学を卒業した新社会人の負担になるケースが問題視されています。

奨学金は基本的に有利子なうえに、そもそもの金額が大きいため発生する利子もかなりのもの。

返済するためには何らかの方法でお金を捻出するしかなく、新社会人の稼いだ給料のうちかなりの割合がその支払にあてられてしまっているのです。

そこで利用したいのが「返還期限猶予(へんかんきげんゆうよ)」という制度。

こちらをうまく利用することで、返済額から利息分をカットすることができるのです。

奨学金本体はしっかり返さなければならないとはいえ、利息分をなくすだけでも負担はかなり軽くなるでしょう。

そもそも返還期限猶予とは?

「返還期限猶予」は、まだ給料の少ない新社会人が奨学金の返済を一時的に保留できる制度です。

税込での年収が300万円以下、手取りで言うなら毎月20万円にボーナスを加えたぐらいの収入なら、この制度を利用することができます。

大卒一年目の収入は平均で20万円程度であることが多いため、大抵の人は制度の対象になるでしょう。

返還期限猶予に申し込んだ場合、一時的に奨学金の自動引落がストップします。

そして1年おきに返還期限猶予を更新するかどうかを申請することとなります。

この時に税込の年収が300万円を超えていると更新ができず強制的に引き落としが始まりますが、年収が規定額を超えていなければそのままもう1年延長することが可能です。

この返還期限猶予は、新社会人が経済基盤を安定させるまでの時間を稼いだり、大学院に進学した生徒が奨学金の支払いを遅らせたりするために使うものですが、実はもう1つ隠されたメリットを持ち合わせています。

それは「返還期限猶予を使っている間は利息がつかない」こと。

これに返還期限猶予中の奨学金を後で返済する制度である「繰り上げ返済」を組み合わせることで、返還期限猶予中に支払うはずだった奨学金を無利子で返済できるのです。

この方法で無くすことができる利子は年収が300万円を超えていない期間に発生するものだけに限られますが、それでもかなりの金額となるでしょう。

特に理系学部や私立大学に進学した方にとっては見逃せない制度であるはずです。

返還期限猶予で利子をなくす準備

返還期限猶予を利用するには下準備が必要です。

まず、大学を卒業したらすぐに「リレー口座」を設定します。

これは奨学金の自動引落しに使用される口座を決定するもので、このリレー口座に指定した口座から奨学金が引き落とされることとなります。

リレー口座設定方法は、日本学生支援機構から送付される案内に記載されていますので、それに従いましょう。(お申込みはコチラ)

また、卒業と同時に引っ越しや就職を行った場合は「転居勤務先の変更」の届け出も出さなければなりません。(お申込みはコチラ)

こちらも案内に従って申請をしておく必要があります。

この2つの申請が終わったら、返還期限猶予に申し込みましょう。(お申込みはコチラ)

ちなみに返還期限猶予の利用にはリレー口座の指定が必須となります。

「リレー口座の設定」
「転居勤務先の変更」
「返還期限猶予の申し込み」

の3つの申請が終わったら、利子をなくし準備は完了です。

利子なしで奨学金を返済する手順

ここからは具体的な手順の話にうつります。

リレー口座を設定して転居勤務先の変更を終え、そして返還期限猶予を申し込んで受理されると、リレー口座からの自動引き落としがストップします。

次に、奨学金の支払いにあてる予定の金額をリレー口座に貯金。

引き落としは行われませんので、貯金した金額はそのまま残ることとなります。

不測の事態に対応する資金にあてることもできるでしょう。

そして1年後に、可能であれば返還期限猶予の延長を申請します。

まだ申請が通る年収である場合は、そのままリレー口座への貯金を続けましょう。

税込での年収が300万円を超えて返還期限猶予を利用できなくなった場合は「繰り上げ返済」を申請します。

これによって返還期限猶予中に支払う予定だった返済額を支払う義務が発生しますので、リレー口座に貯めていた資金で返済を行いましょう。

繰り上げ返済によって返済する分の利息は免除されるため、結果として返還期限猶予を利用していた期間につくはずだった利息をカットすることとなります。

簡単にまとめると、大学を卒業したら「リレー口座の設定」と「転居勤務先の変更」の申請を行い、それらが完了したら「返還期限猶予」に申し込みます。

そしてリレー口座へ指定した口座にお金を貯めつつ、1年おきに返還期限猶予の延長を申請。

税込の年収が300万円を超えて返還期限猶予を利用できなくなったら「繰り上げ返済」を用いることで、返還期限猶予を使っていた期間の奨学金を無利子で返済する、という流れになります。

大学生のうちから貯めておくことも考えよう

上記のやり方で、奨学金の利息をある程度減らすことができます。

ただし、それでも奨学金そのものは残りますので……将来に不安のある学生の方は、今のうちにアルバイトなどで稼いでおくのが良いでしょう。

もちろんアルバイトにかまけるあまり、学生生活に支障を出してしまっては意味がありません。

学生生活と貯金を両立させるために支払いがよく拘束時間の短い風俗を職場に選ぶ方も多いようです。

システムのしっかりした店を選べば、安全面や給料などの面で手厚い保証を受けられることも人気がある理由の1つ。

使える手段はきっちり利用して、奨学金返済に縛られない生活を目指しましょう。

LINEで無料相談

みんなが良く読んでいる記事



LINEで無料相談

ページトップへ