妊活に役立つ潤滑ゼリーを試してみよう

604人に読まれています

妊活と潤滑ゼリー

「膣(ヴァギナ)が濡れにくいからセックスが痛くて嫌いになってしまった」

このような悩みを持っている女性は少なくはありません。

そして何よりも赤ちゃんを望んでいるのに、ヴァギナが濡れにくいため、妊活(妊娠活動)に悩んでいる多くの女性がいるのです(セックスの回数が減ってしまった)。

実はそういった女性のために、妊活用の潤滑ゼリーがあるのをご存知でしたでしょうか。

潤滑ゼリーとは、性交痛に悩んでいるため赤ちゃんができない(セックスができない)女性のための商品なのです。

ちなみに潤滑ゼリーはセックスをスムーズに行うための商品ですが、決してアダルトグッズのように快楽を得るための商品ではありません。

とういことでこの項では、妊活に役立つ潤滑ゼリーについて触れてみたいと思います。

性交痛を解消する潤滑ゼリー

例えば妊活中の夫婦の中には、毎月の排卵日に合わせてセックスをしていることも考えられます。

しかしどうしても妊活が続くと夫婦の間で「セックス=夫婦の義務」という作業になってしまい、気持ち自体が萎えてしまうこともあります。

そして気持ちが萎えてしまうと膣(愛液)が濡れなくなり、その結果性交痛を発症してしまうことがあるのです。

当たり前のことですが、性交痛になってしまうとセックスが痛くて嫌になります(できなくなります)。

そんな妊活をしている夫婦にとって、重要な役割を担っているのが潤滑ゼリーなのです。

そんな潤滑ゼリーには、たくさんの種類が販売されています。

潤滑ゼリーの種類~その1~

○エッグサポート(egg support)

容器や包装まで日本産にこだわったエッグサポートの特徴といえば、やはり1本4.5mlある容量ではないでしょうか。

何故なら、その容量には潤滑ゼリーやローションが約3倍入っているからです。

とにかくエッグサポートはゼリーが大量に含まれているので、潤いやすくなっているのです。

※セックスをする場合、潤滑ゼリーは多ければ多いほど良いです。

○ベイビーサポート(Baby Suppor)

ベイビーサポートは、男女の産み分けを謳っている潤滑ゼリーとして知られています(過度の期待は禁物)。

そしてベイビーサポートは1回使い切りのタンポン系の注入容器に入っていて、成分も国産なので安全性は何も問題はありません。

○プレシード(Pre-seed)

プレシードはアメリカ産の妊活用潤滑ゼリーで、日本では輸入販売によって流通している商品です。

そしてプレシードは、「最適なphレベル7.3/膣内と同じ浸透圧314に調整/潤滑ゼリーが精子に悪影響を及ぼさない」といったことを数字で証明しています。

そんな数字が証明しているプレシードはアメリカでの実績が豊富で、不妊治療をしている医師が薦める商品としても知られています。

また実際にプレシードを利用した公式レビューサイトでは、「平均点数は5点満点中で4.5点」と一般ユーザーからかなりの高評価を頂いている商品でもあります。

潤滑ゼリーの種類~その2~

○ピンクゼリー

2017年8月、ピンクゼリーは女の子産み分け用として販売された商品です。

そんなピンクゼリーは産婦人科医と共同開発されたもので、厚生労働省指定の第三者機関により承認された管理医療機器認証商品でもあります。

ちなみに管理医療機器とは仮使用して不具合を生じたとしても、身体へのリスクが比較的少ない医療機器のことをいいます。

またピンクゼリーの容量は10回分あり、他社製品よりも多くなっています。

○ハローベビー ボーイ&ガール(Hello Baby, Boy & Girl)

ハローベビーはボーイとガールの2種類がある、国産の妊活用潤滑ゼリーです。

そしてハローベビーは膣内のphを調整することによって、男女の産み分けを可能にしていると謳っています。

もちろん、100%ではありませんが…。

そんなハローベビーの潤滑ゼリー成分は、食物から摂取できる成分のみで構成されているので、まったくの無害で第三者機関の安全検査でも合格しています。

そんなハローベビーの公式サイトをチェックしてみると、「実際に妊娠しました!」という母子手帳の写真付きのコメントが数多く掲載されています。

○フーナーサポート潤滑ゼリー

国産妊活用のフーナーサポート潤滑ゼリーは、さまざまな商品説明によって安全性が伝わってきます。

「最適な粘度、ph、浸透圧を実現/すべて安全な成分で構成/第三者機関による安全検査に合格」

価格も非常にお手頃なので、初めて潤滑ゼリーを使用する女性にとって試しやすい商品かもしれません。

質の潤い不足を解消する潤滑ゼリー

上記に明記した内容が、潤滑ゼリーの主だった概要になります。

潤滑ゼリーは、妊活の妨げとなる膣の潤い(愛液)不足を解消するために作られた商品です。

そして潤滑ゼリーは女性の膣に塗るだけでなく、男性のペニスにも塗ることによって、潤いをプラスにしてセックス(妊活)をスムーズにします。

ちなみに潤滑ゼリーはラブ・ローションと同じように例えられますが、まったく別物です。

「ラブ・ローションはボトルに入っていてその都度必要なだけ使用しますが、潤滑ゼリーは衛生面に配慮されています。」

※潤滑ゼリー=精子の運動を妨げないように機能面で工夫されています。

ストレスを解消することが妊活に繋がる

また潤滑ゼリーは妊活に役立つといわれていますが、潤滑ゼリーを使用することで100%妊娠することができるわけではありません。

そしてこうした事例は潤滑ゼリーに限らず、あらゆる妊活方法についてもいえることです。

しかしアメリカの研究によって「ストレスが妊活に悪影響を与える」ことがわかっているように、膣の潤い(愛液)不足が性交痛になり、

それがストレスと感じている夫婦は、この潤い不足というストレスを解消することによって妊娠率が上昇すると考えられるのです。

「ストレスでセックスの回数が減る→ストレスを解消することで節句の回数が増える→妊娠率が上昇する」

また膣内の酸性度を表すpHは、精子の運動に密接な関係があるといわれています。

例えば潤滑ゼリーを使用すれば精子の活動が活発になり、精子が卵管にスムーズにたどり着ける可能性が高くなるといわれています。

LINEで無料相談

みんなが良く読んでいる記事



LINEで無料相談

ページトップへ