掛け持ちする場合は週3回がベスト

663人に読まれています

風俗店の掛け持ちOKろは

風俗求人サイトをチェックしていると、「掛け持ちOK」という言葉を目にすることがあります。

いったい、掛け持ちOKとは何と何の掛け持ちを意味しているのでしょうか。

「ある風俗店で働いていて、別の風俗店でも働くことができる?」

掛け持ちOKは、風俗店の掛け持ちをいっているわけではありません。
(ちなみに、風俗店の掛け持ちは基本的にNGです。)

掛け持ちOKの真意は、「一般の仕事と風俗店の掛け持ち」をいうのです。

掛け持ちは週何回が理想?

当然のことですが、一般の仕事はいろいろあります…「OL/アパレル販売員/事務員/幼稚園/デパート店員」など。

つまり一般の仕事をして(9:00~18:00)、夜の自由な時間に風俗店で働くのです。

ここで気になるのが、週何回ぐらいの掛け持ちがベストなのかということです。

夜だけ風俗で働くとなると、その時間は19:00~24:00頃になります(終電に間に合う時間帯)。

仮に毎晩風俗で働いてしまうと、遅かれ早かれ必ず肉体的&精神的に支障をきたします
(昼間の仕事にも支障をきたします。)

実際に掛け持ちをしている女の子に聞いてみると、週3回がベストなようです

水曜日と土曜日・日曜日だけ掛け持ちをするとか、火曜日と金曜日・土曜日だけ掛け持ちをするとか。

どちらにしろ、週3回程度の掛け持ちがもっとも負担が掛からないといわれています。

風俗店の掛け持ちを容認す風俗店もある

それと上記で「風俗店の掛け持ちは基本的にNG」といいましたが、掛け持ちを容認する風俗店もあります。

しかしそうした風俗店の思惑は、「いずれはうちのお店で働いてもらう為の手段」としてOKを出しているに過ぎません。

そうした内情を含めて、「風俗店の掛け持ちは基本的にNG」だといわれているのです。

ちなみに黙って風俗店の掛け持ちをした場合、風俗店同士のトラブルを発生しかねないことを覚えておいてください。

最後に、風俗店の掛け持ちをする女の子の理由も明記しておきます。

それは保険のためです。

今の風俗店がどうなるかわからないから、新しい風俗店を掛け持ちしたいという気持ちがほとんどです。

LINEで無料相談

みんなが良く読んでいる記事



LINEで無料相談

ページトップへ