風俗求人のフートークTOP > 女性のためのお役立ちコラム > お役立ちコンテンツ > 援助交際は危険!援助交際よりもっと安全で安心な稼ぎ方

援助交際は危険!援助交際よりもっと安全で安心な稼ぎ方

822人に読まれています

手っ取り早く稼げる手段として選ばれがちなのが援助交際。

学生から主婦まで幅広い年齢層が手を出しており、援助交際を支援するサイトやLINE掲示板などはつねに賑わっているようです。

そんなに盛況なら自分も、と思ってしまうかもしれません。

しかし援助交際は非常に危険な行為です。

テレビやニュースなどでたびたびその危険性が取り上げられているように、援助交際を行う女性は大きなリスクを背負うことになってしまいます。

ここからは援助交際の危険性について、具体的にどう危険なのかを説明していきます。

援助交際を取り巻く危険を知ってしまえば、きっと手を出す気も起こらなくなるでしょう。

物理的なリスク

簡単に想像がつく危険として「知らない男と二人きりになる」点があります。

援助交際の相手となる男はあくまでもLINEやメールなどで連絡をとっただけの存在。

いくらツールで会話をかわしたところで、実際に会ってみなければどんな人物かはわかりません。

いざ会ってみた相手が問題人物だったというケースも十分にありえるのです。

実際にあったケースとしては「暴力を振るわれた」「変態的なプレイを要求された」「避妊なしでの本番を強要された」などの例が挙げられます。

援助交際で会ったことが原因で殺されてしまった事件さえも存在します。

そういったニュースを見たことはありませんか?

風俗店であれば、こういったケースへの対策を店側が用意しています。

完全会員制にした上で、何かトラブルがあったらすぐに通報できるように備えている店も増えています。

しかし援助交際はそういった助けさえ受けられません。

そもそも酷い目にあわされたとして、誰に助けを求めればよいのでしょうか?

「援助交際で暴力を振るわれた」と誰かに相談するのは難しいはずです。

犯罪に巻き込まれるリスク

援助交際は様々な犯罪行為の温床となっています。

そもそも援助交際そのものがれっきとした犯罪行為。

援助交際は法律上「売春」と呼ばれ、買うのも売るのも禁止行為に認定されています。

ちなみに風俗店は基本的に法律の許可を取った上で運営していますので、営業するのも働くのも法律で認められた行為です。

援助交際はそういった認可も取っていないのです。

このように犯罪行為である援助交際ですが、そこから更なる犯罪へと発展してしまうケースも少なくありません。

頻繁に見受けられるのは、男性から女性への脅迫事件。

援助交際の様子をビデオなどに撮影された女性が、それを流出させると脅迫されてしまうことがしばしばあります。
いわゆる「リベンジポルノ」のような状態です。

ビデオが職場にバラまかれてしまえば社会的に苦しい事態となりますし、インターネットに流出すれば心無い人々によって動画ファイルが拡散され、完全に消すことはほぼ不可能となります。

その手の裏動画を取り扱うサイトも1つや2つではありません。

脅迫によって要求されるのは、援助交際料金の踏み倒しだったり、過激なプレイだったりと様々ですが、時には女性が逆にお金を払わされることさえもあります。

援助交際が原因で、男性に一方的に搾取されるようになってしまった女性もいるのです。

風俗店などでは店員を守るため、ビデオの持ち込みや撮影などが厳しく取り締まられています。

そのため、違法な動画撮影をしたい男性ほど援助交際に走る傾向があるようです。

性感染症のリスク

性感染症は1999年まで性病と言われていたもので、中身は同じです。

援助交際を利用する男性は他の女性とも援助関係を結んでいることが多いため、性感染症にかかっている可能性がかなり高いと言われています。

そういった男性は感染症を隠しているため、騙されるような形で感染してしまう女性も多いようです。

性感染症は深刻な事態を引き起こしやすく、時には命に関わることさえもあります。

さらに、性感染症の治療には膨大な費用が必要となります。

それこそ援助交際で稼いだお金がすべて治療費に消えてもおかしくはありません。

援助交際するぐらいなら……

ここまで取り上げてきたように、援助交際は「男に何をされるかわからない」「犯罪行為に巻き込まれるかもしれない」「性感染症にかかりやすい」といった重大なリスクを抱えています。

絶対に手を出してはいけない危険地帯と言っても過言ではありません。

それでも、援助交際で得られるような多額のお金が欲しいという方もいるでしょう。

そういった方にオススメしたいのが風俗店です。

確かに風俗店での収入の一部は店に入るため、手取りは援助交際に劣るかもしれません。

しかし、店に収める金額を「安全料」だと考えたら、どうでしょうか?

多くの風俗店は客を会員にすることで個人情報を管理し、風俗嬢が訴えれば客を追い出したり、二度と来店できないようにしたり、警察に通報することさえもできるようになっています。

性感染症についても店内での管理が徹底されており、検査を毎月実施している店も少なくありません。

風俗店なら「男に酷いことをされる」ことも、「犯罪の被害者になる」ことも、「性感染症をうつされる」こともほとんどないのです。
安全料を支払う価値は、十分にあるはずです。

LINEで無料相談

みんなが良く読んでいる記事



LINEで無料相談

ページトップへ