本指名をもらうための6つのテクニック

695人に読まれています

風俗嬢は見た目がすべてではない

多くの方が、「風俗嬢は見た目がすべて!」だと思っているかもしれませんが、それを否定することも肯定することもできません

もちろんお客様が風俗店に行ったとき、最初にチェックするのは女の子たちの写真です。

そして当然のことですが、お客様は見た目が可愛い女の子に指名することになります。

しかしその女の子が接客してお客様の気持ちを鷲掴みにすることができなければ、これが最初が最後でお客様がリピーターになることはありません。

そういう意味を含めて、「風俗嬢は見た目がすべて!」という言葉に対して否定も肯定もできないのです。

そこで考えなければいけないのは、どうすればお客様から本指名を受けることができるかということです。

そこでこの項では、本指名に必要なことについて触れてみたいと思います。

お客様が風俗嬢に求めていること

まず、風俗を利用するお客様が求めていることは何だと思いますか?

ソープランドなら「ヌキに来ている」と思うかもしれませんが、この答えは100%正解ではありません(半分正解)。

その理由は、ヌクだけならオナニーをすればいいからです。

実は、お客様はあることに半分の50%を求めているのです。

それは「明るく元気な挨拶/さりげなく手をつなぐ/腕を組む/お客様の話をちゃんと聞く(相槌を打つ)/お客様を褒める/サービスで手を抜かない」ことです。

上記に明記したことは、風俗嬢にとって当たり前のことかもしれません。

しかし1日に何名もお客様を接客していけば、疲れも重なり自然と上記に明記した内容が疎かになっていくのです。

その結果、そのお客様から二度目の指名はこないということになります。

そうした理由から、「風俗嬢は見た目がすべて!」と言いきれないわけです。

お客様は気付いている

ちなみにお客様の中には、風俗嬢の顔を見て「すごく疲れているみたいだけど大丈夫?」と問いかけてくる場合があります。

そこで「今日は〇人目だから疲れているのかも」といった発言は、絶対にしてはいけません。

何故ならその話を聞いた時点で、お客様はその風俗嬢に対して興ざめしているからです。

例え本当に疲れていても、お客様の前では「明るく元気な挨拶」が必須です。

第一印象の挨拶によって、お客様は風俗嬢の雰囲気にすぐ気付くことを覚えておいてください。

LINEで無料相談

みんなが良く読んでいる記事



LINEで無料相談

ページトップへ