風俗求人のフートークTOP > 女性のためのお役立ちコラム > お役立ちコンテンツ > 風俗出稼ぎ行く際の6つのチェックポイント

風俗出稼ぎ行く際の6つのチェックポイント

587人に読まれています

風俗出稼ぎの保証制度について

基本的に風俗は完全歩合制です。

例えば遠方に出稼ぎに行った時、まったく接客することができなければ「収入=0円」になってしまいます。

それこそ時間の無駄になります。

実はこうした風俗の出稼ぎに対して、保証制度が適用される風俗店が多いのです。

○保証制度とは。

簡単にいえばまったく接客ができなかったとしても、事前に設定された保証額が支給される制度をいいます(トータル保証)

「例え:1日の保証制度が50.000円で売上が10.000円だった場合、差額の40.000円分が保証金額として支給されます。」

そして保証制度には、いろいろな保証が適応されています。

この項では、風俗に出稼ぎに行く際のチェックポイントを、保証制度に照らし合わせて考えてみたいと思います。

保証条件のチェックポイント

現地に何時までに到着したら、保証が適用されるか。

出稼ぎに行けば、パネルの撮影などを含め働き始めるまでに時間を要します。

「現地に何時までに到着したら、保証が適用されるか」は、風俗店ごとに決まっています。

仮に保証金が50.000円で10日間出稼ぎした場合、合計500.000円が支給されます。

1日何時間待機が必要なのか。

基本的に出稼ぎの待機時間は12時間です。

だから12時間以下のであれば、保証金は支給されません。

写メ日記は何回必要なのか。

出稼ぎの写メ日記の回数は、1~3回が必須になっています。

交通費関連のチェックポイント

次に、出稼ぎ風俗の特徴でもある交通費関連のチェックポイントに考えてみたいと思います。

片道往復の交通費は何日目から支給されるのか。

出稼ぎの交通費は決まっています。

「7日→片道/10日→往復」がほとんどで、それ以下で出稼ぎを考える場合は注意する必要があります。

上限はないの。

近場の出稼ぎでは問題ありませんが、遠方の出稼ぎになると(交通費も高額)交通費支給の上限も決まっていることが多くなります。

交通の特殊な条件はないの。

遠方の出稼ぎの場合、新幹線や飛行機の移動になる場合もあります。

例えば10日で交通費往復支給になりますが、飛行機の場合は14日から交通費往復支給になります。

LINEで無料相談

みんなが良く読んでいる記事



LINEで無料相談

ページトップへ