風俗嬢のマイナンバー対策法

2266人に読まれています

「マイナンバーが原因で風俗業がつぶれる」という噂が流れています。

これはマイナンバーで収入をチェックされることによって、風俗で働いていることがバレてしまう可能性を恐れている女性が多いからです。

会社につとめつつ副業として風俗で働いてる女性にとって、バレるかどうかは深刻な問題でしょう。

確かにマイナンバーは個人の情報を国や市町村区がスムーズに把握できるようにするものですので、そういった不安を覚えてしまうのも無理はありません。

しかし、本当にマイナンバーによって風俗で働いていることがわかってしまうのでしょうか?

そもそもこの悩みを抱えている人たちは、マイナンバーが何をするものなのか、しっかりと理解できているのでしょうか?

まずはマイナンバーがどういった制度で、何をするものなのかを確認しておきましょう。

そしてそれを踏まえた上で、本当にマイナンバーのせいで風俗勤務がバレてしまうのかどうかを検証していきます。

マイナンバーは何をするためのもの?

マイナンバーは日本国民全員につけられた12ケタの番号です。

この番号は人によって異なり、誰かと重複することは絶対にありません。

また、一度発行されたマイナンバーは変えることができません。

なぜこのような番号を発行したのかというと、役所の仕事を楽にすることで国民の生活を豊かにするためです。

これまでは個人を区別するために、名前や生年月日、住所などの情報を使っていました。

しかし同姓同名な上に生年月日が同じ人なども少なくないため、この方法は多くのミスを引き起こしたのです。

そこでマイナンバーの出番となりました。

マイナンバーは絶対に誰かとかぶらないため、これだけで個人を簡単に区別することができるのです。

これによって役所は仕事をスムーズに進めることが可能となりました。

結果として、区役所や市役所で行う手続きにかかる時間が減少し、国民が様々なサービスを気軽に受けられる環境を作り出したのです。

また、1つの仕事に必要な人数を削減できたため、空いた手を他の仕事に回すことでサービスを充実させることにもつながりました。

マイナンバーのマイナス点

役所にとっても、役所でサービスを受ける人にとってもありがたいマイナンバーですが、残念ながらデメリットもあります。

そのうちの1つが副業がバレやすくなってしまったこと。

これには風俗の仕事も含まれます。

これまでは個人の収入をチェックするのが難しかったため、風俗嬢の収入にはあまり国の調査が入りませんでした。

しかし、マイナンバーによって収入の確認が簡単になったため、今までは見逃してもらえていた副業もしっかりと調査されるようになってしまったのです。

ただし国や役所もまだマイナンバーの扱いに慣れていません。
そのため「すぐにバレる」「確実にバレる」とは言い切れない状態です。

しかし時間の問題ではあるでしょう。

国や役所がマイナンバーについて理解を深めれば、今までよりも厳密に収入が管理されることになるのは確実です。

風俗で働いていることがバレないようにする方法

しかし、会社などに風俗での副業がバレないようにする方法があります。

この方法を説明するため、まずは風俗バレの原因の1つである「住民税」について説明します。

住民税とは、一年の収入(年収)に合わせてかかる税金です。

前の年の収入が確定すると、市区町村はその年収に合わせた住民税を決定し、会社に伝えます。

そして住民税を伝えられた会社は個人の給料から住民税の分を天引きしてその支払いにあてる、というしくみになっています。

この「市区町村が住民税を会社に伝える」タイミングで風俗勤務がバレるケースが非常に多くなっています。

これは住民税を計算するために使う「年収」に「風俗で稼いだ収入」も含まれてしまうためです。

風俗で働いていると会社の収入だけで計算した場合よりも住民税が高くなってしまうため、会社が副業の可能性を疑ってしまうのです。

今までは風俗の収入があまりチェックされていなかったため、風俗で働いていても住民税がそのままになっていることが多かったのですが、マイナンバーが導入された今ではそうもいきません。

しかし、住民税によってバレる状況を回避する方法があります。

それは住民税を自分で直接市区町村に納めることです。

毎年2月から3月に確定申告を行うタイミングがあります。

副業の年収が20万円を超えている場合、確定申告は義務となります。

そのため、風俗で働いている女性のほとんどが確定申告の対象となるでしょう。

この確定申告を行う際に、住民税を直接納付するように申請することが可能です。

すると会社に住民税の通知が届かなくなり、住民税の金額から風俗がバレてしまう危険もなくなるのです。

さらに確定申告には支払った税金が戻ってくる、税金の免除が受けられるなどメリットもあります。

これからはマイナンバーによる収入の管理がより厳しくなることが予想されます。

しかし適切な対応をしていけば、マイナンバーで管理されていても風俗業を隠すことは十分可能です。

まずは確定申告と、住民税の直接納付からマイナンバー対策を始めていきましょう。

LINEで無料相談

みんなが良く読んでいる記事



LINEで無料相談

ページトップへ