風俗嬢の売れる源氏名

1357人に読まれています

風俗嬢は必ず源氏名を名乗る

風俗店で働くことが決まった女の子は、必ず「源氏名」を付けなければいけません。

何故なら本名で働いていれば、身元の特定(住所)に繋がってしまうからです。

さらに身元が特定されてしまうと、わけのわからない嫌がらせを被る可能性もあります。

では風俗嬢が源氏名を付ける場合、ちょっとした決まったルールなどがあるのでしょうか?

それとも、適当に自分の好きな源氏名を付けてもいいのでしょうか?

ここでは、風俗嬢の源氏名に付いて考えてみたいと思います。

源氏名の付け方

一昔前、源氏名は「お客様に覚えてもらうように2文字で付ける」というルールがありました。

しかし、現在の源氏名には文字数の制限などもありません

また源氏名を自分で付けることもできますが、わけのわからない源氏名を付けるのは要注意です。

というのも、源氏名はお客様に覚えられてナンボの世界だからです(次に風俗店に来てもらった時、指名を受けやすい)

考えてみてください…ユカとアンジェリーナなら、どちらの源氏名が覚えやすいでしょう。

そして今流行のキラキラネームですが、これもお客様にとって覚えてもらいにくい源氏名です。

とにかく、思いつきや可愛らしいからといって源氏名を付けることはナンセンスなのです。

ではここで、実際に某有名ソープランドで№1になった源氏名を明記しておきます。

・第1位…かれん、なな。
・第2位…ばぎさ、ゆうこ、りょうこ、あみ
・第3位…みなみ、あおい、かおり、きょうか

こうした源氏名からわかることは、「文字数が少ない/覚えやすい/漢字名はない」ことです。

つまり覚えてもらいやすい源氏名が、お客様から指名を受けやすいことを意味しているのです。

源氏名は売上にも影響する

このように風俗嬢の源氏名は、自分自身の売上にも影響を与えるのです。

特に中高年のサラリーマンは、覚えやすい源氏名を好む傾向にあります。

これから風俗店で働いてみたいと思っている女の子は、上記に明記したことを教訓に源氏名を付けて頂きたいと思います。

ちなみに本名に近いありふれた名前を源氏名として選んだりすると、お客様に喜ばれる傾向にあることを付け加えておきます。

LINEで無料相談

みんなが良く読んでいる記事



LINEで無料相談

ページトップへ